bob博彩公司_申博体育在线-投注*官网

图片

東京海洋大学

MENU

教育?国際交流Education and International exchange

上海海洋大学王宏舟書記及び萬栄学長とのオンライン会談を実施しました

Last Update : 2021-12-09 13:14

 令和3年12月3日、本学井関俊夫学長は、上海海洋大学の王宏舟書記及び萬栄学長とオンラインによる会談を実施しました。今回の会談は、両校の学長が共に令和3年3月及び4月に交代し、王書記も同年3月末に着任されたことを受け、新体制による意見交換を通じて、両校の交流をより一層促進することを目的として実施されたものです。本学からは、井関学長のほか、舞田正志教育?国際担当理事?副学長、上海海洋大学の窓口を担当している胡夫祥教授、呉海云助教が出席しました。

 会談では、まず萬学長より、これまでの本学と上海海洋大学との様々な交流実績を振り返り、その実績を踏まえて両校の関係を更に発展させていきたい旨の発言がありました。引き続き、井関学長が、今年で15回目を迎える両大学の国際共同シンポジウムが12月6日にオンラインで実施されることに触れ、これまでの成果について再認識すると共に、コロナ禍の中でも実施に至れたことへの感謝と有意義なシンポジウムとなることの期待について述べました。さらに、王書記からは、これまでの交流を更に深めると共に、新しい協力関係の構築を目指して、両校が人材育成と研究の促進に協力していきたい旨の希望が述べられました。

 引き続き行われた意見交換では、井関学長より、上海海洋大学におけるAI教育の現状について質問を行い、それに対して萬学長からは、今後AI分野における高度専門職業人育成に力を入れていきたいとの抱負が述べられました。また、海洋分野における高度専門職業人を育成するという共通の目的の下に進めてきた両校の教育交流プログラムである「日中韓等の大学間交流を通じた高度専門職業人育成事業(通称:JCKプログラム)」、「『日中韓版エラスムス』を基礎とした海洋における国際協働教育プログラム(通称:オケアヌスプログラム)」、そして先日令和3年度文部科学省「大学の世界展開力強化事業」の採択を受けた「オケアヌスプラスプログラム」について、今後も両校協力して推進していくことで合意しました。
 

★キャプチャ6.PNG
萬栄 上海海洋大学学長

井関学長.png
井関学長

★キャプチャ10.PNG
王宏舟書記

★キャプチャ14.PNG
会場の様子

集合写真1.png
集合写真

★IMG_4456.JPG
集合写真

一覧に戻る

PAGE TOP